匠 自信がなければ書きません。 竹をイメージした「匠」のパッケージには、クロバーの“竹”物語が書かれています。

匠

これは、クロバーあみ針「匠」のパッケージに書いてある文章です。
1980年の発売までに、竹という自然の材料を使う苦難に直面し、それを克服して完成させたクロバーの想いがこめられています。
質の良い材料と精密度の高い加工技術があって、「匠」は生れ、永く愛され続けてきました。
そしてこれからも、楽しい手あみのために、品質の良いあみ針をつくり続けて、日々努力を重ねています。

匠になる竹の条件

原産地を雪の少ない寒冷地に限定した硬くてまっすぐな竹です。
あみ針に適した硬くて曲げの復元力が高い寒冷地産の竹を使用。しかも、雪の重みで竹が曲がることのない、雪の少ない原産地の竹を厳選しました。
肉厚が充分あるよく成長した適齢の竹を使用、剛性があり均一な太さと長さの竹です。
若い竹は柔らか過ぎ、古い竹は繊維がもろくなっています。
伐採時期を冬場に限定しているため繊維がよくしまった竹です。
冬場は、シミ・カビの原因になる竹の水分が少なく、繊維がよくしまっています。
匠になる竹の条件
自社生産だから、確かな品質。
クロバーあみ針匠(たくみ)

厳選された純国内産の竹がもつ天然素材の持ち味と、クロバーの永年の技術が生み出した高品質あみ針。
「匠」は、クロバー大阪工場で一貫生産しています。

詳細はこちら

クロバー大阪工場(東大阪市)
01:あみ針「匠(たくみ)」
技術モノがたりTOP