TOP手作りの基礎/アフガン編みの基礎-2/基本の編み方

アフガン編みの基礎-2/基本の編み方

「アフガン編み」は、片側にかぎのついた棒針= アフガン針で、「往き」と「戻り」=1 往復で1 段になる編み方です。両端が同じサイズのかぎになっているダブルフックアフガン針は、片方のかぎで拾った目を、もう片方のかぎで、追いかけるように編みます。こちらは輪編みができます。平編みもできますが、片かぎのアフガン針で編んだものとは違った編み地になります。 基本的な編み方は共通ですので、ここでは「アフガン編み」を中心に 説明します。

針の持ち方

往き ― 棒針のように持ちます。
戻り(追い) ― かぎ針のように持ちます。
作り目

作り目はくさり編みです。ゆるめに編みます。
針にループを巻きつけ糸を引き出して糸端を引き締めます。最初の目のできあがりです。
針に糸をかけて引き出すとくさり1目ができます。
繰り返して編み進めます。
表編み目〜戻り目(ダブルフックアフガンの場合は、追い目)

表編み目1段目は必ず表編みになります。

戻り目

アフガン編みは、逆方向に引き返しますが、ダブルフックアフガンでは、編み地を返して、反対のかぎ針で追いかけるように編みます。
向こう側から糸を針にかけます。
針先から2目を矢印のように一度に引き抜きます。
戻り目ができあがりました

表編み(プレーンアフガン)

表編みの後に「戻り目(追い目)」を編んで、合わせて一段です。
2段目以降は、前段のたて目を拾います。
前段のたて目に針を矢印のように入れます。
針に向こう側から糸をかけて引き出します。
表編みができあがりました。

裏編み

裏編みの後に「戻り目(追い目)」を編んで、合わせて一段です。
糸を手前において針を前段のたて目に入れます。
針に手前から糸をかけ、矢印のように向こう側に引き出します。
裏編みのできあがりです。

引き抜き止め

編み終わりは引き抜き止めにします。

たて目を拾って、二目引き抜きます。
くり返します。
テクニック集

長編み

アフガン
ダブルフックアフガン

かのこ編み

アフガン
ダブルフックアフガン

バックステッチ

アフガン
ダブルフックアフガン

中長編み2 目の玉編み

アフガン
ダブルフックアフガン

メリヤス編み

アフガン
ダブルフックアフガン
手作りの基礎トップへ戻る