TOP手作りレシピフリーステッチングニードルで作る ふかふか刺しゅうのポーチ

フリーステッチングニードルで作る ふかふか刺しゅうのポーチ

片側からぷちぷち刺すだけで、簡単に可愛いループステッチができるフリーステッチングニードル!
ウールの糸でふかふか刺しゅうして、ちいさなファスナーポーチを作りましょう。
パンチニードルの技法です。
用具
フランス刺しゅう針No.3〜9
クロバーNewチャコピー片面
トレーサー<ツイン>
方眼定規 30cm、ぬい針、目打、リッパー
布切はさみ、糸切はさみ
材料
表布 25×35cm、裏布 18×26cm
ファスナー 16cm
クロバーダーニング糸、25番刺しゅう糸、手縫い糸

出来上がりサイズ/約12×16cm

作り方PDF
作り方(レシピ)
1No.1
【生地について】 表地は、綿の少し厚めの生地がおすすめ。この作品では「ツイル」 を使いました。シーチングやオックスなどでも。 【準備】 ファスナーの四隅を裏側に折って仮止めしておきます。 図案、刺し方などは、実物大図案をご覧ください。
2No.2
1)図案を写す。 ①刺しゅう枠がはめられる位置を確認して表地に 18×26cm のしるしを付けます。
3No.3
②片面チャコピーで挟んで、両面に刺しゅう図案をトレースします。
4No.4
2)刺しゅうします。糸、刺し方などは、実物大図案をご覧ください。
5No.5
3)ポーチに仕立てます。 ①18×26cm にもう一度しるしを付け直し表布をカットします。(刺しゅうで縮んだ分を調整して切ります)
6No.6
②表布にファスナーを付けます。 ❶ファスナーを中表に合わせてミシン。反対側も同様に。
7No.7
※縫い始めと縫い終わりは返し縫いします。 ❷ぬいしろを折り、ミシン。ファスナーを開けて、不要な所を縫い込まないように注意して縫います。
8No.8
❸本体を中表に折り、ファスナーを開け両脇を縫います。 ❹表に返して形を整えます。
9No.9
4)内袋を縫います。 ①裏布を中表に合わせて両脇にミシンをかけます。
10No.10
②アイロンで入れ口を 1cm 折ります。ぬいしろは片倒しにします。
11No.11
5)仕上げます。 ①本体に内袋をセットします。(外表に合わせます)
12No.12
②ファスナー部分に 内袋をまつり縫いして完成です。
13No.13
フリーステッチングニードルのふかふかポーチ <ちいさな花> 実物大型紙はPDFでダウンロードできます。
14No.14
フリーステッチングニードルのふかふかポーチ<小鳥> 実物大型紙はPDFでダウンロードできます。
15No.15
フリーステッチングニードルのふかふかポーチ <寄せ植え> 実物大型紙はPDFでダウンロードできます。
作品例/作り方のヒント
No.1
<フリーステッチングニードルの糸の通し方>ヘッドを固定して持ち、反対の手でグリップを矢印の方向に回してゆるめます。
No.2
針先をホルダーに差し込み、針先の斜めにカットした面と、ころがり止めを同じ方向に合わせます。
No.3
スレダーを針穴から入れ、ヘッドから先を出してスレダーの先の輪の中に糸を通し、約5cm出しておきます。
No.4
本体からスレダーをゆっくりと引き抜き、スレダーから糸を抜いて針の先端から約5cm糸を出しておきます。
No.5
針先のヨコ穴にスレダーを通し、スレダーの先の輪の中に糸を通しておきます。
No.6
針先からスレダーをゆっくりと引き抜き、針の先端から糸を約3cm出しておきます。
おすすめリンク