fbpx

TOP手作りレシピ丁寧に作る素敵なスカート セミフレアースカート

丁寧に作る素敵なスカート セミフレアースカート

デザイン、プロセス、動画監修/米永真由美
型紙づくり、裁ち合わせ、裁断、しるし付けなど、ホームソーイングの工程を丁寧に行いながら、ソーイング用品の使い方やソーイングの基礎をマスターしませんか。縫い線のしるしを付けておくと、どこを縫えばよいかわかりやすく、迷いなく作業が進められます。
ウエストゴムですが、ほっそり見えるデザインです。

初心者の方はポケットを省略するとよいでしょう。

型紙の製図が初めての方は、「初心者さん向け 型紙の作り方」をご覧ください。ある程度おわかりになる方は「セミフレアースカート製図」をご覧ください。縫い方の工程はレッスン動画で説明しています。

おすすめリンクに、作り方を詳しく説明したレッスン動画をアップしていますので、あわせてご覧ください。
用具
目打、リッパー、カーブ定規、待針、ピンクッション、ミシン、アイロン、アイロン台など
材料
生地 110cm幅 2.3m
ミシン糸、しつけ糸
ゴムベルト 25mm

出来上がりサイズ/スカート丈 83cm フリーサイズ ヒップ88~94cm ゆったりサイズ ヒップ94~108cm

作り方PDF
作り方(レシピ)
1No.1
型紙の製図、裁断までの準備は「セミフレアースカート製図PDF」をご覧ください。初心者の方は「初心者さん向け 型紙の作り方PDF」をご覧ください。裁ち合わせ図とぬいしろ幅はそちらに掲載しています。
2No.2
両面チャコピーとルレットで必要なしるしを付けます。ポケット付け位置、前中心、後ろ中心、ベルトの合印も忘れずにつけます。
3No.3
前後スカートの両脇にジグザグミシン。
4No.4
袋布と脇布の“脇”部分のみジグザグミシンをかけます。
5No.5
袋布を前スカートのポケット口と中表に合わせて、縫い合わせ、ぬいしろに 切り込みを入れます。 (両方)
6No.6
袋布を内側に控えながら表に返して、アイロンで整え、0.7cmのところをステッチ。ポケット口の後ろに脇布を合わせてしつけでとめます。ジグザグミシンは図から省略しています。
7No.7
脇布と袋布のぬいしろを切りそろえ、端から0.7cmのところに縫い線を描き、縫い合わせ、2枚一緒にジグザグミシンをかけます。
8No.8
前後スカート。
9No.9
裾のぬいしろ部分の縫い線の しるしをつけます。ジグザグミシンは図から省略しています。
10No.10
前後スカートを中表に合わせます。上から順に合わせると裾の部分でずれが生じます。ずれないようにするためには、まず、平らな机の上で、前後スカートの長さを揃えてから上と下をとめ、上下の中間→上半分の中間→その間…の順でとめていき、その間に2カ所程度待針をつけます。チャコピーの線とジグザグミシンは図から省略しています。
11No.11
縫い合わせて、ぬいしろを割っておきます。脇のぬいしろを図のようにカットします。(両脇2カ所)
12No.12
裾を三つ折りにします。先に3cm折ってから1cm折ります。
13No.13
裾を縫います。0.2cmのところを縫います。縫い始めと縫い終わりは重ねます。カーブの裾の三つ折りは、直線のところは約10cm、カーブのところは約7cmの間隔で待針でとめます。
14No.14
ベルトの端と端を中表に合わせて、端から1cmのところを縫います。ぬいしろは割っておきます。
15No.15
ベルトの耳ではない方を、スカート本体と中表にし(合印を合わせる)、ベルトとスカート本体を縫い合わせます。
16No.16
縫い目と出来上がり線のしるしが合うように折り、アイロン。
17No.17
ゴム通し口を4〜5cmほど開けて、表側からベルトのきわを縫います。
18No.18
ゴムの長さ=ウエストサイズ×0.9+2cm(ぬいしろ)のゴムベルトをゴム通しを使って、ゴムベルトを通し、端を重ねて図のように縫います。ゴムをスカートに戻して、ゴム通し口を縫いとじ、完成です!
おすすめリンク