fbpx

TOP手作りレシピはじめてのパッチワーク シューフライのクッション

はじめてのパッチワーク シューフライのクッション

制作/パフェプロジェクト神戸 松本直子
家庭用ミシンを使って、ベーシックな伝統柄のパッチワーク・キルトのクッションを作りましょう。ピースカットはロータリーカッターで、正確・スピーディーに。ピーシングはミシンを使ったチェーンピーシングで効率よく。するのも取るのも面倒なしつけはワンタッチしつけピンを使えばラクラクです。
「シューフライ」は、パッチワークパターンの名前で、「うるさいはえ」とも呼ばれます。パターンには様々な名前が付けられていて、次はどのパターンを縫おうかと名前で探すのも面白いです。
「パッチワークをはじめてみたいけど、難しそう」「完成しないかも」と躊躇されていた方も、まずはこのクッションで、始めてみましょう!パッチワーク、楽しいですよ!
用具
(表面)パッチワーク用布 適宜
   裏布 50cm×50cm
   キルト綿(薄手) 50cm×50cm
(裏面)表布 47cm×67cm
(パイピング)表布 4cm×48cm×4本
ミシン糸、キルト糸、45cm角のヌードクッション
材料
(表面)パッチワーク用布 適宜
   裏布 50cm×50cm
   キルト綿(薄手) 50cm×50cm
(裏面)表布 47cm×67cm
(パイピング)表布 4cm×48cm×4本
ミシン糸、キルト糸、45cm角のヌードクッション

出来上がりサイズ/よこ約45cmたて約45cm

作り方PDF
作り方(レシピ)
1No.1
ロータリーカッターで生地をカットします。カットした1枚をピースと言います。
2No.2
厚紙で2ページの型紙を作ります。(57-660 パターンシートで作るとより使いやすいです)
3No.3
生地の裏に、型紙を使って、水性チャコペンでしるしを付けます。
4No.4
ピースをつなげます。まず三角形どうしをつなぎます。薄い色のピースと濃い色のピースを中表に合わせて、待針を打ちます。ミシンで16組、続けて一気に縫います。
5No.5
繫がった糸をカットします。糸切カッター<スタンドタイプ>を使うと便利です
6No.6
ぬいしろを濃い色の布側に倒します。はみだしたぬいしろはカットします。
7No.7
実物大型紙の四角と同じ形になっているか確認し、ずれていたら線を引き直します。
8No.8
ピースをバランスを見て図のように並べます。配置が決まったら、スマホで撮影しておくと便利です。
9No.9
1段目と2段目をつなぎます。各列の1段目と2段目を中表に合わせて、待針を打ちます。柄の方向、縫う場所を間違えないように気をつけましょう。ミシンでA〜Fまで続けて一気に縫います。
10No.10
6段目まですべてつなげたら、ぬいしろが交互になるようにアイロンで倒します。 (糸を切らずに作業します)
11No.11
A列とB列を中表に合わせて、待針を打ち一気に縫います。C〜F列も順に縫います。図のようにアイロンでぬいしろを倒します。余分な糸を切って、キルトトップの完成!
12No.12
布用ペンシルでトップの表にキルトラインを描きます。
13No.13
裏布、キルト綿、 キルトトップの順に重ねて、図の順にワンタッチしつけピンでとめます 。
14No.14
大きい針目に設定し、図の順に、必ず一方方向にミシンをかけます。反対側も同様に、図の順にミシンをかけます。
15No.15
周囲をぐるりとあらい針目のミシンでおさえます。出来上がり線をまっすぐに引き直し、裏布とキルト綿のぬいしろをロータリーカッターで切りそろえて、表面の完成です。
16No.16
裏面の布は図のようにカットします。クッションの詳しい仕立て方はPDFをご覧ください。