TOP手作りレシピ猫用ベスト チョッキタイプ・チュチュタイプ

猫用ベスト チョッキタイプ・チュチュタイプ

デザイン:エルタデザイン 武田浩子
2種類の猫用ベストの作り方をご用意しました。
「チョッキタイプ」は首元の蝶ネクタイ風リボンが効いた、かっこよくて可愛いデザイン。
「チュチュタイプ」はチョッキタイプと基本の作り方は同じですが、裾にチュチュを縫いつけてさらに可愛くアレンジしています。

型紙は胴回り40cmのものをご用意しています。
型紙PDF内に、胴回り30cm・35cm・45cmサイズの拡大縮小の目安も記載していますので、そちらを参考に、おうちの猫ちゃん用に各自調整してご活用ください。

また、今回はマジックテープの代わりに「ブロック型スナップテープ」を使用しています。毛が絡みつかないので、ペット服作りに最適です。

※危険防止のため、常時着用させるのはお控えください。
用具
ミシン、アイロン、ぬい針「絆」など
材料
【チョッキタイプ】 表布・裏布・接着芯(薄手):各40cm×70cm、白い布:15cm×15cm、ブロック型スナップテープ<白>、布用ボンド
【チュチュタイプ】 表布・裏布・接着芯(薄手):各40cm×70cm、チュール生地:20cm×200cm、ブロック型スナップテープ<ベージュ>、レース(お好みで)

出来上がりサイズ/胴回り40cm

作り方PDF
作り方(レシピ)
1No.1
【チョッキタイプ】① 接着芯と裏布にⒶ・Ⓑの型紙を配置して、水性チャコペン (濃い色の生地を使用する場合は「アイロンチャコペン」)で写し、0.7cmのぬいしろをつけてカットします。※このとき、接着芯は図のように粗裁ちします。
2No.2
② 接着芯を表布に貼ります。併せて、Ⓔ・Ⓕをチャコペンで描き、それぞれカットします。※Ⓔ・Ⓕはぬいしろおよび接着芯不要です。
3No.3
③ 白い布にⒸ・Ⓓを写し、0.7cmのぬいしろをつけてカットします。
4No.4
④ Ⓒ・Ⓓのdのぬいしろを折り込んで、表布Ⓐ・Ⓑに縫いつけます。
5No.5
⑤ 表布Ⓐ・Ⓑのa部分を中表にして縫い合わせ、アイロンで開きます。
6No.6
⑥ 表布のbとb‛、cとc‛をそれぞれ中表にして縫い合わせ、袖ぐりを作ります。
7No.7
⑦ 同様に、裏布のbとb‛、cとc‛をそれぞれ縫い合わせます。このとき、裏布のa部分は縫わずに置いておきます。
8No.8
⑧ 表布と裏布の袖ぐりを中表に合わせ1周縫います。
9No.9
⑨ 両袖のぬいしろに1.5cm程度の間隔で切り込みを入れます。
10No.10
⑩ 裏布を袖ぐりの中にくぐらせ、表に返します。
11No.11
⑪ 裏布のa部分を中表に合わせ、縫います。このとき、表布を小さく縦に丸めておくと縫いやすいです。
12No.12
⑫ 表に返し、図のようにブロック型スナップテープを縫い付けます。このとき表布と裏布を一緒に縫わないようご注意ください。
13No.13
⑬ スナップテープの樹脂部分にアイロンが当たらないように注意してぬいしろを折り込み、1周ステッチをかけます。
14No.14
⑭ Ⓔ・Ⓕをそれぞれ図のように折り、布用ボンドで接着します。
15No.15
⑮ Ⓕを図のようにたたんでⒺで巻き、布用ボンドで接着してリボンを作ります。
16No.16
⑯ リボンを首元にかがりつけて完成です。
17No.17
【チュチュタイプ】① チョッキタイプの①~②・⑤~⑫と同様にベストを作ります(※③・④は省略してください)。 ② チュール生地を縦半分にたたんで、端をぐしぬいします。
18No.18
③ 糸を引きしぼって胴回りと同じ長さに縮めます。
19No.19
④ 裏布をよけて表布の表側に③を縫いつけます。
20No.20
⑤ ぬいしろを折り込んで1周縫います。
21No.21
⑥ お好みで縁に布用ボンドでレースを貼り付けて完成です。