fbpx

TOP手作りレシピかんたん型紙で作る Vネックタックスカートのジャンパースカート

かんたん型紙で作る Vネックタックスカートのジャンパースカート

デザイン、プロセス、動画監修/米永真由美
囲み製図の簡単型紙で作るジャンパースカートです。ゆったりシルエットのフリーサイズなので、秋冬の重ね着が楽しめます。
Vネックとタックスカートで、スクールガール風の可愛いデザイン。直線縫いが多いので、比較的簡単に完成します。タックをとるコツなど、レッスン動画でチェックしてくださいね。

動画は、おすすめリンクにアップしています。作り方を詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

<2021/11/17追記>
「型紙の作り方」の製図の寸法を一部修正と調整したものに差し替えました。
袖ぐりのカーブ部分のみの実物大型紙PDFを追加しました。製図の際にご利用ください。
用具
布切はさみ、糸切はさみ
目打、リッパー、カーブ定規
待針、ピンクッション

ミシン、アイロン、アイロン台など
材料
生地 110cm幅 3.8m
薄手接着芯(織りタイプ)
ミシン糸
77-941 伸び止めテープ 白 15mm

作り方PDF
作り方(レシピ)
1No.1
型紙の製図、裁断までの準備は「型紙の作り方PDF」をご覧ください。
2No.2
肩に出来上がり線のしるしを付けてから、前後身頃の肩のぬいしろにジグザグミシンをかけます。
3No.3
前後身頃を中表に合わせて縫い合わせます。襟ぐり側は、5mmほど縫い残します。アイロンでぬいしろを割ります。
4No.4
Vネックのぬいしろ端に、1.5cm幅の伸び止めテープをアイロンで貼ります。伸び止めテープを貼る前に型紙を合わせて、襟ぐりを伸ばしてしまっていないか確認します。
5No.5
粗断ちした見返しの生地に接着芯を貼ります。型紙に合わせて裁断し、肩のぬいしろ線、中心線、縫い止まり(合印)のしるしを付けます。
6No.6
前後見返しを縫い合わせます。襟ぐり側は、5mmほど縫い残します。ぬいしろは5mmにカットしてから割り、周囲にジグザグミシンをかけます。
7No.7
身頃と見返しを中表に合わせます。Vの中心付近は、ぬいしろガイドが使えないため、縫う線のしるしを付けておきます。
8No.8
左図のようにVのところは縫い目ギリギリに切り込みを入れます。直線部分は、約5cm間隔で縫い目の2mm手前まで切り込み。表に返してアイロンで整えて、0.2cmのところにステッチをかけます。肩からステッチを始め、縫い終わりは縫い始めに重ねます。
9No.9
バイアステープ2.3cm幅約80cm×2本作ります。テープメーカー12mmに通しておきます。
10No.10
身頃の脇部分とバイアステープを中表に合わせ、図のように折り目のところを縫います。
11No.11
前後スカート、前後脇スカートのタックと中心のしるしは、5mmくらい切り込みを入れて付けます。前後スカートの両脇、脇スカートの内側のぬいしろにジグザグミシンをかけます。
12No.12
前スカートと前脇スカートを中表に合わせ、裾から10cmを残して縫います。後ろスカートも同じように縫います。アイロン定規を使ってタックを折り、奥の折山の 0.2cmのところに、裾から10cm手前までステッチします。
13No.13
身頃とスカートを中表に合わせて縫い合せ。ぬいしろを2枚一緒にジグザグミシン。ぬいしろを身頃側に倒し、表側からステッチします。(返し縫いはしません)前後とも。   
14No.14
脇のぬいしろにジグザグミシン。
15No.15
前後を中表に合わせバイアステープから裾までを縫います。ぬいしろは割っておきます。
16No.16
袖ぐりにステッチします。縫い終わりは、縫い始めに重ねます。反対側も同じようにします。 
17No.17
裾の処理/アイロン定規を使って、三つ折りにします。待針でとめ、0.1〜0.2cmのところを縫います。
18No.18
スカートと脇スカートの縫い残していたところを、中表に合わせて縫います。タック奥の折山も同様に縫って、ジャンパースカートの完成です!
おすすめリンク